腹腔鏡検査

一般不妊治療

どんな検査?

当クリニックでは行なっていませんので、必要と思われる人には他院を紹介しています。
腹腔鏡検査は、基礎不妊検査で不妊原因が見つからない場合、治療が長期化している場合、卵管の閉塞、腹腔内の癒着、子宮内膜症などが疑われる場合に行なうことがある精密検査です。
全身麻酔下で、へその下に小さな穴を開け、直径5ミリから1センチの内視鏡を刺し入れて、卵管の通過性(青く着色した水を子宮内に注入します)や癒着などの異常がないかをモニター画面で観察します。

いつするの?

月経終了直後から、妊娠の可能性のない排卵までの低温期 に行ないます。

何がわかるの?

経腟超音波や子宮卵管造影検査では、見つからなかった卵管周囲の軽い癒着、軽い子宮内膜症、卵管水腫などが発見されることもあります。問題が見つかった場合には、そのまま引き続き腹腔鏡下での手術に移ることもできます。
ただし、ごくまれなこととは言え、穴を開ける際に間違って太い血管を傷つける事故が発生することがあります(腹腔内に癒着がある場合には、リスクが高くなります)。このような危険をはらんでいることをふまえて、腹腔鏡検査を受ける価値があるかどうか、夫婦でよく検討してみるべきでしょう。

さらに気になることがあるときには -精密不妊検査-

これだけは受けておこう! -基礎不妊検査-

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • はじめての方へ
  • カウンセリング
  • 不妊なんでもQ&A
  • ブライダルチェック

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ