泌尿器科での男性不妊検査

一般不妊治療

  • 精液所見が悪かった方は、一度、泌尿器科医の診察を受けておきたい
  • 当クリニックでは毎月第一&第三土曜日に男性不妊外来を開設(完全予約制)
  • ごくわずかだが、性腺機能低下症のように投薬治療が有効なケースもある

男性不妊のほとんどは、原因不明で、精液所見の劇的な改善は期待できません。ただし、中には例外もあるのです

どんな検査?

視診や触診、精液検査を行います。精液所見の悪かった方には、血液検査を実施し、ホルモンの値を調べます。

いつするの?

精液検査の前には、4、5日間の禁欲が必要ですが、そのほかの検査は時期を選びません。

何がわかるの?

男性不妊のほとんどは、原因不明だといわれています。投薬治療を行っても、大きな改善がみられるケースはほとんどありません。そこで、どうしても不妊治療は産婦人科に託すことになってしまうのです。でも、わずかではありますが、投薬治療が有効なケースが含まれているのをご存知でしょうか? 性腺刺激ホルモンが十分に分泌されていないことによる『性腺機能低下症』などがそうです。ぜひ男性不妊外来での診察と、血液検査を受けてみてください。
なお、泌尿器科での視診や触診で、精液の状態を悪くする原因の一つと考えられている『精索静脈瘤』が見つかることがあります。ただし、結紮術や閉塞術などの手術を受けることで妊孕力のアップが期待できるかどうかは、見解が分かれるところです。

さらに気になることがあるときには -精密不妊検査-

これだけは受けておこう! -基礎不妊検査-

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • はじめての方へ
  • カウンセリング
  • 不妊なんでもQ&A
  • ブライダルチェック

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ