精液検査

一般不妊治療

どんな検査?

男性側に不妊原因があるかどうかを調べます。当クリニックでは、より正確に精液の状態を分析することを目的に、精液の自動分析装置『精子運動解析システム(SMAS)』を用いて、精液検査を行っています。 従来の保険診療による精液検査(目視で実施)に比べて、精子の運動速度や直進性など精子の運動性にかかわる、より詳細なデータ解析が可能になりました。
4~5日間の禁欲後に行ないます。マスターベーションで専用の容器に採精してもらった精液を、30分間放置して液化させてから測定します。自宅で採精したものを届けてもらうかたちでも OK。ただし、採精するときはコンドームを使用しないでください(精子を殺してしまう成分が塗られたものがあるため)。
なお、精液の状態には、体調やストレスなどの影響が出やすいので、間をおいて何回か検査を受けてみるべきでしょう。

■精液検査はご自宅での採精分で実施中
ただいま、新型コロナ感染症対策のため、院内での採精を中止しております。精液検査をご希望の場合には、あらかじめ専用の容器を持ち帰っていただき、4~5日禁欲後、ご自宅で受診の数時間以内に採取してご持参ください。

いつするの?

不妊治療をはじめる場合は、できるだけ早い段階で検査します。初診時に受けてしまおうという場合は、4~5日禁欲してからお越しください。
診療日であればいつでも実施可能です。院内での採精をご希望の場合は、午前診の場合は12時、午後診の場合は18時半までのご予約をお取りください。

何がわかるの?

WHOによると、正常とされる精液の状態は以下の通りで、ここからはずれている場合は不妊原因になっていると考えます。精子濃度(1mlの精子数)が2000万個に満たない場合は 乏精子症、精液中に精子がまったく見当たらない場合は無精子症、直線運動している精子が少ない場合は精子無力症 、正常な形態の精子が少ない場合は奇形精子症と診断されます。
どの程度大きく正常な範囲からはずれているかによって、2人に最適な治療方法が変わります。

精液検査で精液所見が悪かった場合には、ぜひ一度、当クリニック内で毎月第一&第三土曜日に開設している男性不妊外来を受診し、泌尿器科医(大阪府四条畷市・畷生会脳神経外科病院 泌尿器科部長・増田裕医師)の診察を受けることをおすすめします。

正常な精液の状態(WHO 2010)

1回に射精される精液の量 1.5ml以上
精子濃度(1ml中の精子の数) 1500万個以上
精子の運動率 動いている精子が40%以上
正常な形態の精子が占める率 4%以上
生存している精子が占める率 75%以上
白血球数(炎症があると増加) 1mlに100万個未満

これだけは受けておこう! -基礎不妊検査-

さらに気になることがあるときには -精密不妊検査-

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • はじめての方へ
  • カウンセリング
  • 不妊なんでもQ&A
  • ブライダルチェック

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ