子宮鏡検査

一般不妊治療

どんな検査?

経膣超音波 で、子宮筋腫や子宮内膜ポリープがありそうだと判断した場合はもちろん、体外受精や顕微授精などでグレードの良い胚(受精卵)を戻しても、なかなか着床しないというような場合にも子宮鏡検査を行なうことがあります。
直径3ミリのファイバースコープを子宮口から子宮内に入れ、水を注入してモニター画像で観察します。麻酔をかけなくても、ほとんど痛みがなく、数分間で終了します。

いつするの?

月経終了直後、子宮内膜が厚くならないうちに行ないます。

何がわかるの?

子宮の内側に飛び出した子宮筋腫(粘膜下筋腫と呼ばれるタイプ)や子宮内膜ポリープが見つかった場合は、たとえ小さくても着床の妨げになることがあるので切除します。また、子宮の形態異常や子宮腔内の癒着、さらに卵管の口の様子などもわかります。
粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープ、子宮腔内の癒着などは、開腹せずに直径7、8ミリの硬性鏡を腟から刺し入れ、子宮鏡下で手術することもできます(麻酔が必要)。

ただし、同じような子宮の内腔を変形させるような筋腫でも、子宮の筋層内にできている筋腫(筋層内筋腫)を摘出する場合には、開腹手術のほうが向いています。判断が難しそうな場合は、さらにMRI検査を受け、筋腫の根元がどのあたりまで食い込んでいるかを調べるべきでしょう。

さらに気になることがあるときには -精密不妊検査-

これだけは受けておこう! -基礎不妊検査-

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • はじめての方へ
  • カウンセリング
  • 不妊なんでもQ&A
  • ブライダルチェック

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ