頸管粘液検査&ヒューナーテスト

一般不妊治療

どんな検査?

子宮頸管(子宮の入口)は、無菌状態の子宮を細菌の侵入から守るため、普段は乾燥気味になっていて、酸性が保たれ、いわば関所のような役割を果たしています。ところが、排卵が近づくと、まるで精子を子宮へといざなうように頸管粘液の分泌が増えてくるのです。頸管粘液検査では、排卵期に十分な量の質のよい頸管粘液が出ているか どうかを調べます。
またヒューナーテストでは、夫婦生活の後、実際に頚管粘液の中に精子が進入できているかを判定します。

いつするの?

頸管粘液検査は、排卵日と思われる日の3、4日前から排卵直前までに実施します。
ヒューナーテストは、排卵日もしくは排卵日直前に行ないます。検査当日の朝、もしくは前日の夜に夫婦生活を持ってから病院へ来てもらいます。

何がわかるの?

頚管粘液が十分に分泌されていなければ、精子は子宮の中に入っていくことができず、妊娠も成立しません。このような頸管粘液不良も、不妊原因のひとつです。

また、ヒューナーテストの結果は、自然妊娠が望めるかどうか、つまりタイミング指導が有効かどうかを見極める重要なポイントになります。結果が思わしくなかった場合は、2、3度受けてみましょう。一度でも良好な結果がでれば心配はありません。
もしも、常にヒューナーテストが不良の場合は、念のために女性に抗精子抗体 (詳しくはこちら) がないか血液検査を受けておくべきでしょう。

これだけは受けておこう! -基礎不妊検査-

さらに気になることがあるときには -精密不妊検査-

  • 不妊治療セミナーのご案内
  • 卒業生のメッセージ
  • はじめての方へ
  • カウンセリング
  • 不妊なんでもQ&A
  • ブライダルチェック

山下レディースクリニック

休診日
日曜・祝日
Tel
078-265-6475
住所
〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通7-1-8 三宮プラザWEST4F
問診票ダウンロード
  • 問診票(女性)
  • 問診票(男性)

WEB予約

ページトップへ